MENU
カテゴリー

赤いナースコール3話のあらすじ(ネタバレ含む)犯人考察・推理用!

<本ページはプロモーションが含まれています>

赤いナースコール3話のあらすじを犯人考察・推理用にまとめています。ネタバレ含みますのでまだの人は見てからどうぞ!!第三の殺人は起こるのか?!

目次

登場人物

春野翔太朗(佐藤勝利)・・・主人公。313号室に入院中

三森アリサ(福本莉子)・・・翔太朗の恋人。417号室に入院中

津田八郎(山本浩司)・・・313号室の患者。いつも競馬新聞を読んでいる

後藤田健斗(森田甘路)・・・313号室の患者。いつも小学生向けのドリルなどを解いている

滝中良一(橋本淳)・・・313号室の患者。ヘルニアで入院中。第一話で死亡

下塚半太(大水洋介)・・・313号室の患者。いつもパズルで遊んでいる。第二話で死亡

松井時雄(木村了)・・・313号室の患者。いつもパソコンで写経している。

山根ミク(ベッキー) ・・・看護師 313号室の担当看護師

西垣小百合(浅田美代子) ・・・新人看護師 自称21才。翔太朗の担当

野田千鶴子(上地春奈) ・・・女性棟の看護師。アリサの担当

石原祐二(板尾創路) ・・・医師 翔太朗とアリサの担当医

榎木田誠(鹿賀丈史)・・・ 院長 警察署の署長と旧知の仲

謎の老婆(三上多恵)・・・入院患者

工藤文世(池田鉄洋)・・・ 刑事 人体の一部を持ち去る連続猟奇殺人の犯人を追っている

加藤桜(堀口紗奈)・・・ 工藤刑事の相棒

山之内優馬(小堀裕之・2丁拳銃)・・・ 翔太朗の上司 テレビ東洋ドラマ部プロデューサー。

3話あらすじ

2話で発見された下塚の遺体の頭部は、病院のゴミ捨て場に捨てられていました。

2日の間に2人も同室の患者が殺される異常事態に「次は自分の番かもしれない」と松井時雄(木村了)は勝手に退院しようとしますが、「一人でいるより警察がいる病院の方が安全だ」と説得されて残ることになります。

その時アリサは病室で何かがいる気配を感じていましたが、調べるとクローゼットの中に老婆がいました。その老婆は「まだまだ殺されるよ」と言い残して看護師に連れていかれました。

翌朝、翔太朗の上司の山之内優馬(小堀裕之・2丁拳銃)がお見舞いに来ます。

そこで病院で起こっている事件を連続ドラマに使いたいと一人で盛り上がります。

だんだん同室の患者もドラマに出演できると乗り気ですが、「そんな事よりまず犯人を見つけましょうよ」と翔太朗。すると

「そうだよな。またこの中の誰かが殺されちゃうかもしれないんだかなら」と冗談にならない冗談を山之内が言い残します。

その頃、連続殺人事件がまた起こります。公園で左手薬指が無い女性の遺体が発見されます。

捜査会議が開かれましたが、遺体の一部が持ち去られている為、同一犯と断定されました。

今回遺体が発見されたのが山の中のため、「さすがに車いすでは行けないので翔太朗は犯人ではない」と、刑事の加藤桜は言いますが、そうとも言い切れないと独自の見解を刑事の工藤は披露しました。

捜査会議では、今回の事件が起こった時、チャイコフスキーのピアノコンチェルトの一番が流れていたことが分かりました。

チャイコフスキーの音楽を聴きながら犯行を行っていたようです。

ある時、翔太朗は病院内でアリサの姿を発見して声を掛けますが、反応してもらえませんでした。

それは実はアリサは実際には気が付いていましたが、わざと気が付かないふりをしていたのでした。

そんなアリサは夜中に、自分の包帯が血だらけになっている事に気が付いて悲鳴を上げます。

担当医の石原からは「寝てる間に引っかいたり、筋肉が引きつったりして血が付いたのでしょう」と診断されます。

その同じ夜、病室で松井の姿がないことに翔太朗たちが気が付きました。

また殺されているのでは?と嫌な予感がしていたところ、ずぶ濡れの状態で部屋に戻ってきました。

なんでいなかったのかと聞くと、「購買部の江口さんと車の中で話をしていた」と

夜に眠れなかった翔太朗と同室の患者たちは、ナースコールの話を打ち明けられます。

「ナースコールを鳴らして気づいてもらえなければその患者は死ぬ」という噂が、ナースコールを押してはいけないという行動になっていたのでした。

そして夜が明けると、駐車場に停まっている車の中から右足首が欠損した遺体が発見され、その時に車の中にはチャイコフスキーの曲が流れていました。殺されていたのは購買部の江口さん。

刑事の工藤は翔太朗の病室に訪れて、脚本家としてこの事件の犯人をどう思うか。連続殺人事件と病院内の事件は同一犯かどうか?と尋ねます。

答えは「2人の犯人をつくります」「ドラマはありえない事がおこるから面白いんです」と翔太朗が回答

工藤は「俺は今回の犯人は、感情におもむくままに犯行を重ねるサイコパスと、冷静にプロット通り犯行を行うサイコパス」だと思うと発言すると、

翔太朗「僕を疑っていますか?」

工藤「刑事は、みんなを疑っていますよ」

そしてアリサが自分で包帯を取ると、顔に傷跡は無く、きれいな顔のまま。

そうです。「傷跡が残ります」「臀部の皮膚を移植しました」と言っていた医師の発言が嘘だったのです。

どうしてそんな事が起こったのでしょうか?

あわせて読みたい
赤いナースコール4話のあらすじ(ネタバレ含む)犯人考察・推理用! 赤いナースコール4話のあらすじを犯人考察・推理用にまとめています。ネタバレ含みますのでまだの人は見てからどうぞ!!第四の殺人は起こるのか?! 【登場人物】 春野...
あわせて読みたい
赤いナースコール2話のあらすじ(ネタバレ含む)犯人考察・推理用! 赤いナースコール2話のあらすじを犯人考察・推理用にまとめています。ネタバレ含みますのでまだの人は見てからどうぞ!!第二の殺人は起こるのか?! 【登場人物】 春野...
あわせて読みたい
赤いナースコール犯人予想!あらすじ&相関図とツイッターからの考察 タイトルから医療ドラマかなと思って気楽に見始めたらホラードラマだった「赤いナースコール」 11話まで放送されて、真実が少しわかってきましたね!!今までの記事に補...
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次