MENU
カテゴリー

【この世に至尊は我一人】ショートドラマ主役は誰?配信どこで見る?

【この世に至尊は我一人】ショートドラマ主役は誰?配信どこで見る?

<本ページはプロモーションが含まれています>

インスタやTikTokのショート動画でよく流れてくる【この世に至尊は我一人!】ですが、1話が短くまとめられていて、展開も早くついつい見てしまいますよね。そんなこのショートドラマですが、主役「至尊」の男性俳優は誰なのか気になっているのではないでしょうか?

そして気になる物語の続きですが、その配信をどこでどうやって見る事ができるのか、まとめていきます。

この記事で分かる事
・【この世に至尊は我1人!】の主演男優が誰か分かる。
・動画をどこでどうやってみる事ができるか分かる。
・あらすじと結末(ネタバレ)が分かる。

目次

【この世に至尊は我1人!】の主演男優は誰?

主演の至尊(青葉凡太郎)役を演じているのは【張瀚文(Zhang Hanwen)】さんです!!

中国出身の1990年9月3日生まれ、2024年7月現在33歳の俳優さんです。

名前:張瀚文(Zhang Hanwen)
生年月日:1990年9月3日
出身:中国、北京市
職業:モデル、俳優
身長:182cm
言語:中国語(普通語)

日本で確認できるSNSアカウントはありませんので情報が少なくて残念ですが、中国の俳優さんで活躍しています。

【この世に至尊は我1人!】の配信を全部見る方法

【この世に至尊は我1人!】はDramaBoxというアプリで見る事ができます。

DramaBoxは短尺ドラマアプリでandroidでもiOSでも専用アプリが用意されています。

スマホで動画を見る為のアプリで、縦長のショートドラマをテンポよく見る事が出来ます。

基本的には無料で見る事ができます。ドラマの多くは初めの10話程度が無料で見れて、それから続きを見るにはコインというものが必要になります。コインは課金で購入も可能ですが、通常のアプリへのログインやミッション達成などですぐ貯まるため、毎日少しずつ見る事で最後まで無料で見れますよ。

【この世に至尊は我1人!】は2024年7月時点で15話まで無料で見る事が出来ます。もちろん【この世に至尊は我1人!】も毎日少しずつ見る事で、最後まで無料で見る事ができます。

【この世に至尊は我1人!】のあらすじ

Xで呟いている人がいますが、誤解を恐れず一言で表すと

「超お金持ちなのに周りに信じてもらえなくてあり得ないくらい不当な扱いを受けるお話」です

世界観としては、ファンタジー要素があるお話で、仮面ライダーなどに近い世界観です。

【あらすじ
主人公は至尊という世界に影響を与える超権力者なのですが、身分を隠して青葉凡太郎として生活しているため、ほとんどの人が実際の顔を知りません。そんな中、こっそり自分の妻を身分の高い「ヴァルキリー」になる手助けをしていました。そしてその目標が達成され、青葉凡太郎ではなく至尊として妻の前に現れてヴァルキリーの称号を与えようとした、まさにその当日に妻から離婚を切り出されてしまいます。主人公は身分を隠して結婚している3年間の間、無職のヒモと思われていたため、妻はこの機会に至尊に乗り換えようとしていたのです。同一人物とも知らずに・・・

【この世に至尊は我1人!】の結末(ネタバレ注意!)

【この世に至尊は我1人!】は全部で142話です。これだけ見ると長いようですが、1話が数分なのでさくさく見れます。

それでも結末を早く知りたいという方に結末です。

結末
青葉凡太郎は元妻への復讐を果たす過程で実力が明らかになり、至尊だという事がまぎれもない事実となり、元妻から権力や地位を奪い返していく。そしてそんな青葉凡太郎に歯向かった者たちは全員報復を受けて、至尊の復讐は果たされる。そして幼少期に出会い、運命の人だと思っていた女性を「ヴァルキリー」にすることに決める。

最終回の曲について

最終回で流れたカッコイイ曲は、Mono Inc.の「Children of the Dark」です。

Mono Inc.(モノ・インク)は、ドイツのゴシックロックおよびゴシックメタルバンドです。バンドは2000年に結成され、メンバーは主にハンブルクを拠点に活動しています。Mono Inc.の音楽は、メランコリックでダークな要素を含みながらも、力強くドラマティックなサウンドが特徴です。

バンドの代表曲には、「Children of the Dark」や「Voices of Doom」、「Heile, Heile Segen」などがあります。彼らの楽曲はしばしば物語性があり、深い感情を表現する歌詞と、エネルギッシュで重厚な楽曲アレンジが特徴です。

また、Mono Inc.はライブパフォーマンスでも知られており、独特のステージプレゼンスと、ファンとの交流を大切にする姿勢が評価されています。特にゴシックカルチャーやダークロックを好む聴衆に人気があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次